So-net無料ブログ作成
検索選択
テレビドラマ(イギリス編) ブログトップ

Spooks season 7 [テレビドラマ(イギリス編)]

イギリスの放映から遅れること1年にして、やっと大好きな「Spooks」のseason7を観ることができました。なんとこの一年長かったことか…。もう少し早く観ることはできないのでしょうか?

今までのシーズンでは10話で完結でしたが、今回は8話で終了してしまいました。
たぶんその分制作費にお金をまわしたのでしょう。
どことは言いませんが海外ロケも行っていますし、私が最も英国を象徴する自動車であると思っている、Range Roverがやっと全編にわたって登場することとなったのです。
MI-5とRange Rover、もう究極の組み合わせです。

具体的な内容はさておき、脚本がとても洗練されてきましたね。
以前のシーズンでしたらどちらかというと、早めに結末が見えてくるようなスクリプトでしたが、
今回は本当に最後の最後まで結末を見せていません。

どちらがいいかどうかは別にしても、このシーズンが一本の映画のように制作されています。
8時間の映画と考えればいいのでしょうが、TVドラマでこの手法を使うのはかなりのリスクを伴うと思います。よほど人気がない限りできません。

制作者としては賭けだったと思うのですが、その賭けは成功していますね。
自分も一気に見終えてしまいました。このくらいの長さでは必ず中だるみはありますが、
今回は全くそれを感じさせませんでした。素晴らしいの一言です。

現在当地ではすでに、シーズン8の放映が始まっています。
また1年待つのは辛いのですが…。
でもあまりにハードルを上げすぎて、ドラマ自体が終了してしまわないかが少々心配ではありますが…。

では。




nice!(0)  コメント(0) 

state of play [テレビドラマ(イギリス編)]

ここ数日ある映画テレビCMが始まりました。それは,ラッセル・クロウ主演の「消されたヘッドライン」であります。

しばらく前にいろいろな海外サイトで,彼の主演の「state of play」について書かれた記事を目にしていました。その時実は、私は同名のBBCドラマを見ていました。以前ブログで書いた「Spooks code 9」のように1時間の6回シリーズものでありましたが、てっきりただ単に同名の映画が上映されているものだと思っていました。

しかしその記事を読んでみるとなんとそのBBCのリメイクだということが判明したのです。最近のハリウッド映画はリメイク作品が花盛りですが,BBCのドラマまでリメイクするとは思いもよりませんでしたのでとても驚きました。しかしこのBBCのテレビドラマはかなり有名らしく放映されてすでに6年経ちましたが,今でもこの手のドラマの中では金字塔のように評価されているのです。

BBCのこの作品を見ようとしたきっかけはもちろん内容の良さと,以前見た「24 hours' party people」においてNew Orderのバナード・サムナー役の俳優が主役を演じていたこと、また「Love Actually」で往年のロックスターを演じていた役者も編集長役で出演しているからです。

内容はここでは述べませんが,6時間という時間的余裕があるためプロットもよく練られ最後のどんでん返しまでぐいぐいと引っ張られてしまいました。リメイク映画は多分時間的には3分の1になってしまい,かつ場面設定がアメリカになるのであのえも言われぬロンドンのけだるい雰囲気がどうなるかが少々心配ですが,いっそう良い映画になっていることを期待しましょう。個人的にはあまり大げさになっていないことを祈りたいですね。

ではまた。A presto !




Spooks シーズン6 [テレビドラマ(イギリス編)]

約1年待ちこがれた「Spooks」のシーズン6を見始めています。聞くところによると、日本でもこのシリーズが一部で放送されているそうですね。以前からこの作品は日本では放送は難しいかなと思っていましたが、とにかくうれしい限りです。「24」とまではいかなくてもある程度この国で話題になってもらいたいものです。

さてシーズン6ですが、初回からみている身としては前評判同様全く以前のものとは別物であると思います。
以前はやはり1時間という時間的制限が大前提で制作されている感が筋立て等から判別できました。しかしこのシーズンは全くそれを無視した形で制作されているとその内容からもわかります。その上ストーリーがとてもよく練られており、もし時間が許すならば一気に見てしまいたい、という誘惑に襲われるほどです。ですが、少々緊張を強いるためシーズン2・3に見られたような「ほのぼの」感が残念ながら失われたような気がします。
ですが、やはり「Spooks」シリーズの中では最高傑作であると思います。(私見ながらかつてのほのぼの感を求めるなら「Spooks code 9」が良いのかもしれませんね)
テレビドラマ(イギリス編) ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。