So-net無料ブログ作成
検索選択

今年の植物の成長具合は…。 [園芸]

今年の春は,暑くなったり寒くなったりと例年に比べ変動が大きかったのではないでしょうか?
3月下旬には一度気温が上昇し,このまま上がり続けるかというときに突然ガクンと気温が下がりました。
生活者にとっては少々しんどかったのですが,桜の観賞という点においては開花時期が長くよく楽しめたと思います。現在桜前線は札幌辺りですね。彼の地では多分梅と桜が同時に楽しめる時もあると聞きました。2月のサンフランシスコみたいでうらやましいです。私が住んでいる地域では,桜と梅の開花時に間隔がありどちらかというと間延びしたというか,梅の満開時は知らぬ間に済んでしまっていることが多いです。

ところで今年の春は何か例年と少々違うような気がします。
それは我が家の植物たちが,例年に比べとても豊かに成長しているからです。
もちろんこの時期には新緑が日に日に豊かになるのは当然なのですが,その色彩の変化(どちらかというと薄い緑色)が多く見受けられます。急速に温かくなったせいでしょうか。
その上単なる偶然かも知れませんが,今年は柑橘系の木々の花がやたら多いように思えます。
夏みかん、レモン等々。特に夏みかんは2005年度に100近く実が生りました。しかしその後全く不作で昨年度などはたった6つしか実を着けませんでした。しかし今年は05年度を超える勢いです。今からとても楽しみです。

これか夏に向けて水やりが大変ですが,今後どんどん美しい姿を見せる植物たちを楽しみに期待しながらがんばって励みたいと思います。

P4070106.JPGP4140153.JPGP4290206.JPGP4290207.JPG

最近の気候と植物 [園芸]

近年、いたるところで地球温暖化について述べられていますが、その殆どはあまりよくないニュースばかりです。

特に今年の冬の気候の異変には鈍感な私でもとても気になりました。しかし実際蓋をあけてみれば、皆が考えたほどおかしいものではなかったのではないでしょうか。

桜の開花もどちらかというと昔の時期に戻ったように思えます。また来年になったら2月に開花、というようなとんでもないことになるかもしれませんが。

普通に戻りつつあると思える中で、少々気になることがあります。それは街路樹の芽吹きです。
私の記憶が正しければ、街路樹の本格的な芽吹きは連休後、と記憶していますが、なんと今年はもう既に2・3割進行しています。たまたま自分がここ近年気がつかなかったのかもしれません。

それにしても本格的に園芸にハマってから植物の芽吹きにはとても敏感になりました。
そしてもう枯れてしまった木々が突然芽吹いてくると、とても嬉しくなります。
我が家では、枯れてしまったと残念に思っていたサルスベリが芽吹いてきました。

一気に多くの植物が芽吹いてくると、自然の不思議さをまた一段と感じます。


ミモザ [園芸]

子供の頃から庭仕事を手伝わされていました。しかしそれはやはり「やらされていた」感が強く、おもしろさがなかなか理解できませんでした。

しかしここ数年前から訳ははっきりとはしませんが、何となくその面白さが理解できるようになったような気がします。とは言ってもなかなか時間が取れませんので、もし苗を購入したとしても植え付けるまで2、3週間掛かってしまうのが難点であります。しかしまあゆっくりとやっていこうと思っています。

そこで先日やっと放置してあったミモザ(アカシア)の苗を植えました。我が国ではあまり馴染みはありませんが、イタリアでは3月8日は「女性の日」であり、その時に女性にミモザを送るのが習慣になっています。その頃はやっと春めいて来た頃で、あのミモザの黄色い花はとても元気を与えてくれます。暗い冬から明るい春の到来を告げるような色彩が私は大好きです。
しかしもしアレルギーがあると少々困ったことにはなりますが...。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。