So-net無料ブログ作成
検索選択

イタリアの天気 [イタリア関係]

世界的に異常気象が叫ばれる近年ですが、私がイタリアに滞在していた10年ほど前にはまだイタリアらしい気候が残っていました(私の滞在地は中部イタリアの標高300メートル程の小都市で、かつ6ヶ月程度であったことをはじめにお断りしておきたいと思います)。

初めてイタリアへ渡ったのが3月の下旬でした。それまでさほど外国旅行経験のない私は、その時期のヨーロッパの気候をあまり理解しておらず、日本と似てるだろうと勝手に考えて服装の準備をしていきました。しかし滞在地であるシエナではその年は、4月中旬の雨の後、冬からいきなり夏になってしまったように感じられました。イタリアは梅雨はないにしても、もう少しじわじわと夏に向かうのではないかという予想は全く外れてしまいました。その上凄いことにそのちょっとした4月の雨期の後、8月中旬の夏の終わりまで一回も雨が降ることなく、日本人である私には全くの驚きの体験でありました(ちなみにほとんど降水量がないと言われているアメリカ西海岸を旅行中、雨に降られたことはありましたが)。夏なら多少のにわか雨や雷雨というのが日本では一般的でしょう。ですから3ヶ月間以上一度も雨が降らないという体験はもう二度とできないのではないかと思われるほどある意味で感動的なものでした。
 
そしてもう一つビックリしたことは、突然の秋の訪れでありました。8月中旬の短い雨期の後、急に気温がぐっと下がり秋が始まるのです。日本ではこの時期まだまだ暑い日が続くのですが、イタリアでは季節が変わります。ある意味季節がじわじわ変化する日本の気候に慣れてしまっているので、この急激な変化には正直ついていくことができませんでした(この時期のイタリアは3回経験しているのですが、だいたいいつもこの頃に風邪を引くか体調を壊していました)。すなわち空は秋空になり、風は冷たくなるのです。そして残念ながらいつも9月下旬頃日本に帰国しているので、この後の早秋・晩秋から冬への季節の変化は全く未体験です。聞くところによるとそれは春から夏への変化よりも感動的だそうです。機会があればクリスマスの時期とともにぜひ晩秋をイタリアで過ごしてみたいと思っています。

現在では、常夏のハワイと同様にイタリアも我々の大好きな海外観光地になりました。それぞれの季節のイタリアもとても素晴らしいものなのですが、日本では経験することができない地中海性気候の季節の変わり目を体験することもまた非常に興味深いのではないかと思います。

ではまた。

foglio1.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

スーパーチャージャーとブレボブレーキはアイディアールペアか? [クルマ]

先日、Range Rover Sport のSuperchragedに試乗しました。

2度目の経験でしたが、初めて思いっきりアクセルを踏んでみました。
確かにあの加速はヤバいですね。凄いですが、でも思ったよりは緩やかな感じがしました。

それよりも感動したのはブレンボのブレーキです。
あの効きは市街地では少々しんどいですね。慣れればいいのでしょうが…。

ではまた。


nice!(0)  コメント(0) 

イタリアの犬と猫 [イタリア関係]

日本は現在空前のペットブームといわれていますがイタリア人も我々と同様、犬・ネコは大好きです。中心街に行けばよく犬を連れている人を見かけますし、また住宅街へ行けば首輪をつけたネコを見かけます。日本でも野良犬は最近ではめったに見ることもなくなり、そして同様にイタリアでも野良犬・野良猫はよほど郊外へ行かない限り見ることはありません。もちろん飼い主に対して日本より格段にきびしい法律を課していることが一因ではありましょうが。
 
ところでイタリアの犬達を見てとても驚いたことがあります。それは全く見たことがないような犬種の犬達がうようよいることでした。もちろんイタリアにも「流行りの犬種」というものが存在しますが、それにしてもあの多様ぶりには「ペット大国」の称号を与えてもいいのではないかと思うほどです。現在わが街でよく見る犬種といえば、ミニチュアダックス、チワワ、シーズー、トイプードル、中型犬では、ゴールデンレトリーバー、ラブラドールくらいですが、滞在していたシエナでは、人口がわが街の十分の一以下にもかかわらず物凄い種類の犬達を見かけたのでした。一例をあげると、ニューファンドランドから始まり、今では日本の街で全く見かけることがなくなったシェパード、そしてボクサーやバーニーズマウンテンドックなどでありました。極めつけは、当地では珍しくはないのですが自分にとっては超レアな犬種である、マレンマーシープドックを発見したことでした。感動のあまりマレンマー犬を家へ連れて帰ろうかと出来もしないことを思いつき、ペットショップでどのくらいするのかと聞いてみたら、ゼロが一つ違うのではないかと思うほど安かったことを覚えています。もし日本で探したのなら何十倍もすることでしょう。またシエナでは小型犬は日本に比べてあまり見かけませんでした。散歩に連れていく必要がないからか、目立たないから気が付かなかったのかはわかりませんがネコの方が頭数的には多かったように思います。
 
そしてイタリア人にとってもネコは犬同様に大好きなペットであると思います。世の中は犬好きとネコ好きに別れているとよく言われていますが(ちなみに私はネコは飼ったことがありませんが両方好きです)、イタリアも同様に別れているように思えるのです。あまり犬を見かけないなあと思うとネコがたくさんいたり、その逆もありました。シエナのような小都市ですから例として適当かどうかわかりませんが、やはり中心街へ行けば行くほど犬に比べてネコの頭数が増えていくように感じられました。そしてとても驚いたのが、ネコに10メーターほどのひもをつけて飼っているのを目撃した時でした。遠くからそのネコを見つけた時には、最初「小さくて変わったまるっこい犬がいるなあ」と思い、近づいてよく見たらそれは日本でもよく見かけるような種類のネコにひもを付けて扉の近くに括ってあったのでした。もちろんそのままずっと飼っているわけではないとは思うのですが、とにかくその発想といか、その行動力にはただただ驚いてしまったのでした。

このようにイタリア人達も(イギリス人には及ばないにしても)我々と同様かそれ以上に、犬・ネコ好きと言えると思います。多種多様な犬やネコをイタリアでは見かけることができる以上に、ペットに対してまだまだ我々とは全く違った考えをイタリア人達は持っているのだと思います。日本在住のイタリア人達に聞いてみるもよし、イタリア旅行の際に観察してみるのもよし、犬・ネコを通してさえもイタリア人の本質を探究することができるような気がします。

ではまた。

maremma_sheepdog.jpg 

nice!(1)  コメント(0) 

むむ、あまりにも似ていませんかこの2曲? [音楽]

私の好きな映画である「息子の部屋(Ls stanza del figlio)」のメインテーマの
Brain Eno「By the river」は素晴らしい曲であります。

何とも言えない静けさと美しい旋律が、心に響きます。約2、30年前の曲ですが普遍的な楽曲と言えるでしょう。
そして最近知り、その美しいメロディーに打ちのめされてしまったSnow Patrolというバンドがあります。ご存知の方も多いとは思いますが、その楽曲はかなりしびれます。アコースティク中心ですがなかなかのものですよ。

さてこのSnow Patrolのアルバムを聴いていたら、一瞬「あれっ?」と引っかかることがありました。
彼らの「Set Down Your Glass」を聞いているとどうしてもEnoの「By the river」のメロディーが頭をよぎります。曲のメロディーが似ているのか、全体的な感じが似ているのか、それともスピード感が似ているのかいろいろと思いを巡らせてしまいます。

ここでは結論は皆様に任せます。どちらもいい曲なので私は大好きですよ。

ではまた。






nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。