So-net無料ブログ作成

イタリアの天気 [イタリア関係]

世界的に異常気象が叫ばれる近年ですが、私がイタリアに滞在していた10年ほど前にはまだイタリアらしい気候が残っていました(私の滞在地は中部イタリアの標高300メートル程の小都市で、かつ6ヶ月程度であったことをはじめにお断りしておきたいと思います)。

初めてイタリアへ渡ったのが3月の下旬でした。それまでさほど外国旅行経験のない私は、その時期のヨーロッパの気候をあまり理解しておらず、日本と似てるだろうと勝手に考えて服装の準備をしていきました。しかし滞在地であるシエナではその年は、4月中旬の雨の後、冬からいきなり夏になってしまったように感じられました。イタリアは梅雨はないにしても、もう少しじわじわと夏に向かうのではないかという予想は全く外れてしまいました。その上凄いことにそのちょっとした4月の雨期の後、8月中旬の夏の終わりまで一回も雨が降ることなく、日本人である私には全くの驚きの体験でありました(ちなみにほとんど降水量がないと言われているアメリカ西海岸を旅行中、雨に降られたことはありましたが)。夏なら多少のにわか雨や雷雨というのが日本では一般的でしょう。ですから3ヶ月間以上一度も雨が降らないという体験はもう二度とできないのではないかと思われるほどある意味で感動的なものでした。
 
そしてもう一つビックリしたことは、突然の秋の訪れでありました。8月中旬の短い雨期の後、急に気温がぐっと下がり秋が始まるのです。日本ではこの時期まだまだ暑い日が続くのですが、イタリアでは季節が変わります。ある意味季節がじわじわ変化する日本の気候に慣れてしまっているので、この急激な変化には正直ついていくことができませんでした(この時期のイタリアは3回経験しているのですが、だいたいいつもこの頃に風邪を引くか体調を壊していました)。すなわち空は秋空になり、風は冷たくなるのです。そして残念ながらいつも9月下旬頃日本に帰国しているので、この後の早秋・晩秋から冬への季節の変化は全く未体験です。聞くところによるとそれは春から夏への変化よりも感動的だそうです。機会があればクリスマスの時期とともにぜひ晩秋をイタリアで過ごしてみたいと思っています。

現在では、常夏のハワイと同様にイタリアも我々の大好きな海外観光地になりました。それぞれの季節のイタリアもとても素晴らしいものなのですが、日本では経験することができない地中海性気候の季節の変わり目を体験することもまた非常に興味深いのではないかと思います。

ではまた。

foglio1.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。