So-net無料ブログ作成
検索選択

イタリアの犬と猫 [イタリア関係]

日本は現在空前のペットブームといわれていますがイタリア人も我々と同様、犬・ネコは大好きです。中心街に行けばよく犬を連れている人を見かけますし、また住宅街へ行けば首輪をつけたネコを見かけます。日本でも野良犬は最近ではめったに見ることもなくなり、そして同様にイタリアでも野良犬・野良猫はよほど郊外へ行かない限り見ることはありません。もちろん飼い主に対して日本より格段にきびしい法律を課していることが一因ではありましょうが。
 
ところでイタリアの犬達を見てとても驚いたことがあります。それは全く見たことがないような犬種の犬達がうようよいることでした。もちろんイタリアにも「流行りの犬種」というものが存在しますが、それにしてもあの多様ぶりには「ペット大国」の称号を与えてもいいのではないかと思うほどです。現在わが街でよく見る犬種といえば、ミニチュアダックス、チワワ、シーズー、トイプードル、中型犬では、ゴールデンレトリーバー、ラブラドールくらいですが、滞在していたシエナでは、人口がわが街の十分の一以下にもかかわらず物凄い種類の犬達を見かけたのでした。一例をあげると、ニューファンドランドから始まり、今では日本の街で全く見かけることがなくなったシェパード、そしてボクサーやバーニーズマウンテンドックなどでありました。極めつけは、当地では珍しくはないのですが自分にとっては超レアな犬種である、マレンマーシープドックを発見したことでした。感動のあまりマレンマー犬を家へ連れて帰ろうかと出来もしないことを思いつき、ペットショップでどのくらいするのかと聞いてみたら、ゼロが一つ違うのではないかと思うほど安かったことを覚えています。もし日本で探したのなら何十倍もすることでしょう。またシエナでは小型犬は日本に比べてあまり見かけませんでした。散歩に連れていく必要がないからか、目立たないから気が付かなかったのかはわかりませんがネコの方が頭数的には多かったように思います。
 
そしてイタリア人にとってもネコは犬同様に大好きなペットであると思います。世の中は犬好きとネコ好きに別れているとよく言われていますが(ちなみに私はネコは飼ったことがありませんが両方好きです)、イタリアも同様に別れているように思えるのです。あまり犬を見かけないなあと思うとネコがたくさんいたり、その逆もありました。シエナのような小都市ですから例として適当かどうかわかりませんが、やはり中心街へ行けば行くほど犬に比べてネコの頭数が増えていくように感じられました。そしてとても驚いたのが、ネコに10メーターほどのひもをつけて飼っているのを目撃した時でした。遠くからそのネコを見つけた時には、最初「小さくて変わったまるっこい犬がいるなあ」と思い、近づいてよく見たらそれは日本でもよく見かけるような種類のネコにひもを付けて扉の近くに括ってあったのでした。もちろんそのままずっと飼っているわけではないとは思うのですが、とにかくその発想といか、その行動力にはただただ驚いてしまったのでした。

このようにイタリア人達も(イギリス人には及ばないにしても)我々と同様かそれ以上に、犬・ネコ好きと言えると思います。多種多様な犬やネコをイタリアでは見かけることができる以上に、ペットに対してまだまだ我々とは全く違った考えをイタリア人達は持っているのだと思います。日本在住のイタリア人達に聞いてみるもよし、イタリア旅行の際に観察してみるのもよし、犬・ネコを通してさえもイタリア人の本質を探究することができるような気がします。

ではまた。

maremma_sheepdog.jpg 

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。